お手紙が書けない

ありがとう、好きになってよかった、健康でいてねしか書けないから

【Snow Man ASIA TOUR 2D.2D.感想(セトリ記載)】 10/24(土) 15:00公演

※演出、セットリスト等のネタバレあります

 

 

私にとって生まれて初めてのジャニーズの単独コンサートで、だれかのデビューコンサートももちろん初めて。それがSnow Manで良かったなって心から思うよ。ずっと覚えていたい、宝物の時間のメモ。3日目、その2。9公演の5公演目。折り返し。

 

 

   

Overture 

1. Make It Hot!

・岩「盛り上がっていこうぜ〜!」

・シャワーを浴びて、深澤さんがサラストに戻りました。デコ出しをぜひ…また…

 

2. Cry Out

・ラウールくんと佐久間さんの髪の毛の静電気がすごい。スモークのせいかな?初日のMCで照くんが「勢いがすごくてみんな髪が逆立っていた」と言っていたと思うのだけれど、髪色が明るい2人が特にわかりやすいな

・"溶け合うほど"の舘様のうしろの深澤さん、ニヤリ舌ペロごちそうさまです

・メモ「ラウギア」

>2番のサビのラウールくんの躍動、爆発にギアがかかった

・スモークの量が調整されたか、キレが良くなったのか、全体的に見やすくなった印象。そしてアウトロのカメラアングルが良くて、スモークとスモークの切れ間に、ゴリゴリに踊る深澤さんの"Take you deeper"がしっかり見えた

>ここ、メモが「深ゴリ」で、思い出し作業に時間がかかった笑 ゴリゴリ踊る深澤さんを略して「深ゴリ」と書くなよ(自分です)

 

3. Party! Party! Party!

・佐「派手に楽しもうぜ〜!」

・深澤さんもサラスト、阿部くんもサラスト

・大サビ前の翔太くんのソロ(Party up)の歌声を楽しむラウールくん。今回は翔太くんを両手で指差しながら噛み締めた表情でじっくり堪能

 

4. 自己紹介RAP〜We are Snow Man〜 

渡「(投げキス)」

目「また会えたね」

佐「(右頰をツンツンして)…しないの?」

宮「愛しあおうぜ」

向「もみあげ手裏剣」

阿「好きだバカ」

ラ「ラウぴょんでーす」

(ふっか!ふっか!ふっか!かわいいね)

深澤「ふかちゃんでーす」(ラ「キャハハハ」)

岩本「(深澤さんの肩を引き寄せ)捕まえた」(深「アー!」)

 ・今回もひざまづいて舘様に手を伸ばし、手を掴んで立たせてもらった佐久間さん。舘様コールに合わせて舘様の肩越しに右に左にぴょんぴょん飛び出してくる佐久間さんがかわいい

・ひーくんコールの時、照くんにお手振りしながら360°動く深澤さん

・メインステージに駆け寄る深澤さん、またラウールくんに押されてひっくり返るw 深澤さんを手招きすると、今回はもみ合ってラウールくんが倒され、謎の片膝立ちポーズでフィニッシュ笑

 

5. D.D.

・コココガチャはラウールくんと佐久間さん

・翔太くんの歌声は絶好調(毎回言っている気がする。でも本当に絶好調)

 

- 挨拶-

佐「皆の衆ー!楽しむ準備はできてるでやんすかー?部屋は明るくして、現実から離れて見てね☆」

阿「Snow Manのデビューライブの神席へようこそ!はいハイタッチ〜!この手は最後まで離すんじゃねーぞ」

宮「お待たせしましたお姫様!今日は絶対に幸せにしてやるから、目離すんじゃねえよ!Party Time!!」 

目「みんなSnow Manのこと好きですか?俺のこと好きですか?じゃあもっとみんなのこと好きにさせちゃおっかな」

向「声ちょうだい!すっごいゴイゴイゴイゴイスー!)元気が足りないよ!元気を分けてくれ!キタキタキタ〜!今日は3B(?)ゴイゴイ玉!来週も見てくれよな」

岩「みなさん、楽しむ準備はできてますか?盛り上がる準備はできてますか?部屋を明るくして、画面から離れて応援してね」

深「てやんでい」「いやこうして生配信がね…すみません…(泣き芸)本当に嬉しくて、涙止まらな」スッ

渡「拍手(深「やめろ拍手)初めての方も5回目の方も、配信を見てくれてありがとうございます。今日は土曜日なので、配信を見ていい休日を過ごしてください」

ラ「デビューした2020年にデビューコンサートをできることが嬉しい。本当にみんなのおかげ。今日はみんなをめっちゃ癒せるように、頑張っちゃいます」

 

6. ひらりと桜

・桜が立ち上がるときのシルエット姿がとても美しい。こんなにシルエットだけで美しいなあと思ったグループは、Snow Manが初めてです

・前奏で佐久間さん、翔太くん、ラウールくん、康二くんが前に飛び出してくるのが好き

・"狂い咲く桜" の照くんの指の動きに毎回目を奪われる。毎度表現が違って、どれも言葉でどう洗わせるのか、わからないけれど…掌を合わせたあとに開くような

 

7. Booggie Woogie Baby

・Yeah Yeah...をカメラ目線でキメながら下がっていく深澤さん、今回もありがとうございます…(何度でも言うよ)

YouTubeで金ベロアのブギウギを初めて見たときから、サビ前の深澤さんの首をかしげる動作に色気を感じて大好き。今回は上手側からのアングルで深澤さんの後ろ姿なんだけれど、それも探して見ている。本当に好き

・"Are you ready? C'mon" 深澤さん、とうとう照くんの肩に手を置いてるw 2人のパートにしようとしています?

・大サビ前のブギウギベイビーのラウールくんは、これまでも、これからも、見逃してはいけないワンシーン

 

8. Acrobatic

・なべこじ:康二くんが翔太くんの靴紐を結び直している

・相変わらず誰にもポールを使ってもらえない深澤さん「おおい誰か使えよ〜!5回目だぞ?何回言うねん!」

・ポールダンサー ダテ(片足で巻きつく)

・イケメン〆 元気な深澤さん

 

9. ナミダの海を越えて行け

・ラ「ミディアム(イケボ)」

・今回は奈良県文化会館を煽る康二くん

・奈良に帰りたい康二くん

・座って正面を見据えて歌う深澤さんを、肩を組んで見下ろすこじさく

・ブリッジ部分の各組み合わせのノリ方、歌い方、それぞれ楽しそうで大好きだなあ。大サビの"あぁ"だけにお金払えるよ…

・深澤→向井→佐久間のアップ、全員(・▽・)


 

 

10. Snow World

・大回転、大回転、大回転

・康二くんの求愛を受け入れ始めた様子の目黒くん

カバディの後ろで深澤さんをおんぶする照くん?!

>おんぶでいわふか登場!(幸せの涙)からの深澤さんが叩き落されるまでが最高w

・サビ前半ずっと映り込んでいる元気な深澤さん

・上ハモ歌いながら深澤さんとチャンバラにいそしむ佐久間さん

・"遥か彼方目指して" 大の字目黒くん

・"限りなき願い叶えよう" 深澤さん、いい表情して前かがみで歌っていたなあ

 

11. Stories

・上手カメラが捉える、強い風吹く折り返し地点の佐久間さんの動きの滑らかなこと

・さくラウだけの世界

・渡辺儚いタイムの"胸に秘めて" 余裕さえ感じられる息の伸び

・翔太くんのソロ、カメラアピールなんていらないと言うような、入り込んで歌う様子が好きだ

・大サビで未来を切り開くラウールくん、よかった。注目したい

 

- MC -

深「みなさん座っていいですよ」 

佐「Stand up, please」

深「立っちゃってるね」

 

◆自分たちの曲だけでセトリを組んだデビューライブは史上初の話

ラ「セトリの中で、それぞれの好きな曲を知りたい」

深「Party! Party! Party!」(発音がとても良い)

・もっさん振付 岩「もっさん AKA ひーぷん丸こと岩本照です」

ラ「Cry Out。そろそろ腕が取れるかも」

・ひーぷん丸振付 岩「どうも、ひーぷん丸です」

目「ブギウギ」

・曲そのものが好き

・イントロを聞くだけで滝沢歌舞伎で披露していたのを思い出す

 深「うれピーマンだね」

 阿「佐久間以外にピーマン使う人初めて見た」

・続きは夜公演で!

 

◆君彼について

・無理無理無理の無理のレベルに時間がかかったが、1時間くらいで振付は完成

佐「時間の表し方がうまい。そうくる?みたいな」

ラ「構成がおもしろい」

岩「そんな褒めてくれるの?うれしー!」

 

◆「ナミダの海を越えて行け」の冒頭が「ミディアム」だった件

・佐久間くんに「ウェルダンってお肉の焼き加減のことよね?ミディアムとかレアとか言ってよ」と言われたラウールくん

 

◆教場2

◆ハニーレモンソーダ

滝沢歌舞伎Zero 2020 the Movie

◆冒険少年

◆ドッキリGP

・クリエイターがやれない康二くん

阿「この間もクリエイターのつもりが逆ドッキリだった」

向「なんや急に仕切って」

阿「あの画、最高においしかった」

2人の間に挟まれていた舘様「俺を挟んでケンカはやめてくれ

 

◆ZIP

渡「最近阿部のキテるものは?」

スマホケースや国立公園を封じられ、テンパる阿部くん

深「康二、つないで」

向「僕の雑談でも。今日お母さんから電話がきた。襟ありと襟なしのコート、どっちがいいかとしまむらからの電話だった。どっちでもええがなと言う話で、あべちゃんどうでしょうか?」

阿「LOOKのホワイトのチョコの1個サクサクしているやつがめっちゃうまくない?」

(膝から崩れて床を叩いて笑う翔太くん)

 

↓流れで

 

不二家

佐「Big Bang Sweet、とても甘い曲なので聴きすぎて虫歯にならないように気をつけてください」

岩「神経伝達してんだ」

 

◆それスノ

舘「じぇひ。じぇひだって」

 

◆ラジオ

◆カレンダー

深「しんちょうささん、しんちょうしゃしゃんから」

渡「新潮社って10回言って」

深「〜〜〜、しんちょうちゃ」

渡「ここは?(肘)」

深「関係ない、肘やん」

佐「じゃこれは?(さくラウ)」

深「身長差」(イエ〜イ)

渡「じゃここは?(膝)」

深「膝」

ラ「みんなで食べる、丸いのは?ピザだよ」

 

MCを終わりたい深澤さん

ラ「え〜もっとピザの話したかった」(かわいい)

深「ピザの話はしねーよ」

向「やっぱりマルゲリータ

 

  

- ランウェイ動画 -

 

12. KISSIN' MY LIPS

 ・"Let's have it all" で横を向くときの目黒くんの首の運び方が好きだなあ

・"Don't care..." 目黒くんの後ろで椅子を運ぶ康二くん、担いでないか?笑 (肩あたりの高さに見えた)

・ラウールくんのムーンウォークがよく見えるカメラポジション、ありがとうございます

・”Baby you can just count on me then"の椅子に座るところ、これまでも3段階のカメラ切替でしたっけ?もしそうなら全然気づいていなかった…YTFFの時のような切替、大好きです…大好きなのに気づいていなかった…?

・椅子ガチャ(ガチャなら)今回は康二くん!

 

13. 終わらないMemories 

菱餅ステージ(違う)の回転、何度見ても好きだ

・一般的にはまったく笑うポイントではないはずなのだけれど、"新しい何かを手に(Hands)"の歌詞表示に毎度笑ってしまう、なぜだろう、個人的にとてもおもしろい...

 

14. Don't Hold Back

・"背を向け" 深澤さんが背を向けた途端に若干照明が落ちるのが好き。深澤さんの背中も好き。

・ストールが舞うラウールくんの踊り

 

15. ファンターナモーレ

・さーて!ファンターナモーレ大好き芸人の大好きな時間がやってきました!(本日11時半公演ぶり5度目) 

・"重ねていこう Harmony" 深澤さん、きれいな笑顔だった よかった

・いわさくのロックンローラーポーズのレベルがどんどん高まっている。クレッシェンドの角度

・翔太くん、5公演目も喉が絶好調です!!!!

 

16. ZIG ZAG LOVE

佐「どこにいるのか関係ない!今日は声を出そう!腹から声出す!」

→窓が開いているかもしれないから、外の人にごめんなさい

  

宮「Hey everybody〜!お前ら全員幸せか〜?幸せか〜?Snow Manのデビューライブ、俺たちとみんなの宝物にしようぜ〜!」

 

・"抱きしめて" 自分を抱きしめる目黒くん…!

菱餅ステージ、大サビでくるくる回る佐久間さんと、隣でジャンプ繰り返す照くん。どっしり構えてラップに行くイメージだったので、ジャンプをしているのは照くんだと気づいたとき、ちょっとびっくりした!

 

17. 君の彼氏になりたい。

・"12時過ぎて〜"の佐久間さんの上ハモ〜

・"ねぇ、この後、もし勇気が出たら" 深澤さんが「通過」って感じで、やっぱり個人的におもしろポイントになっている笑 そのあとの佐久間さんに寄ってピントをあてたがっているカメラの前を、あえて横切っていく感じ…移動だからしょうがないのはわかっているから許して

・"12時に帰るんでしょ" ラウールくんの表情〜!

・"あぁ余韻が覚めない" 深澤さんの表情はもちろん、照くんの困り顔に注目だ

・佐「チューして」 カメラ寄るようになったな〜!ウィスパーボイスじゃないの初では?

だから!!!渡辺さん、返す気ないじゃん!!!!

・"どんなに寄り添った" のラウールくん→(>△<) 

 

18. Lock on!

 ・目「これからSnow Manが彼女を探しにいくよ〜隣空いてますか?」

>康二くんとラウールくんに佐久間くんが参加。選ばれたのは佐久間くん!

 向「なんでおんねん!」

・ラウールくんが銀テをしっかり見せてくれて。"Snow Man"の文字。欲しいなあー!

・"ざわめく季節 弾けるまま"の深澤さんの躍動

・ラ「今日はとびきりかわいく歌います」 かわいい

・"見つめ合い"で佐久間さんの腕を掴み振り向かせる翔太くん→肩を掴んで佐久間さんを振り向かせる阿部くん→阿部くん、翔太くんの顔を見比べて混乱する佐久間くん

・お兄さんたちに持ち上げられたラウールくん「高いよ〜!ちょっと怖い怖い」

・とにかく元気な深澤さんのLock on! Lock on!(余韻)

・目黒くんのお尻ペンペンを待つのにしてもらえない佐久間さん

 

19. Vanishing Over

(映像) 

 

- ダンス -

 

20. Crazy F-R-E-S-H Beat

・カメラさんが佐久間さんの腹筋の位置を完全に把握して寄っていっていますね

・"Girl I just want you" 康二くんのマイクが若干下げられた気がする(;;)上ハモ…どこまでも上ハモが好き…

・"calling for you" 康二くんの電話が翔太くんにつながった〜!!康二くん嬉しそう!!これからはどう仲を深めていくのか、要注目だ!

・匂いにあたる目黒くんの表現が好きなんだよな〜 今回のツアーが初見だけど、これからもぜひ続けてほしいな

 

21. IX Guys Snow Man

・トランポリン王 深澤さん

・阿部くんの前への跳躍の幅と高さが逸脱している件

・壁宙?(名前がわからない)の着地でバランスを崩すも、テンポよく喜びの舞に切り替える照くんの身体能力

・なんやそのダンスとか言っておきながら、9人で仲良く喜びの舞を踊る姿が本当に好きw

 

22. D.D.

・佐久間さんや阿部くん、康二くんが、観客のいない客席にいっぱい手を振っていて、それが笑顔で。客席を意識してくれていることに、嬉しいのだけれど、急に胸が詰まった。どんな思いで、モチベーションで、この舞台に立っているのだろう。手を振り返されることも、笑顔を返されることも、ないんだ。

・あべさくー!佐久間さんをバックハグする阿部くんー!

 阿部担友人「本当に衝撃来ちゃったから」

・フィニッシュ時はステージが下りの階段上になっているのに、9人で横並びで歩き出すときは、2段、上りになる。メンステからの段差の都合だとは思うけれど、これからも壁は出てくるだろうけれど、そんな時も9人で横並びでいっしょに越えていくんだなあ、その様子を見ているようだなあと勝手に胸打たれていた。

 

- あいさつ -

BGM:D.D.

 

ラウール

デビューライブの配信を観てくれて、まじでありがとう。みんなには本当感謝しかない。この仕事をやっている以上、ちょっとだけいやなこともある。そんな時僕を元気づけて、癒してくれるのはみんな。これからは、みんなにいやなことがあるときに、光を差し伸べる存在になりたい。なる。Snow Manのみんなが、そうなる。そんな僕たちをこれからも愛し続けて、応援してほしい。これからもよろしくお願いします。

 

向井

僕はSnow Man唯一の関西人。寂しいとか家族に会いたいとかたまにはあったんだけれど、最近は、家にいても寂しいと思う時間が本当に少なくなった。Snow ManSnow Manのファンのみんながその寂しさを埋めてくれているのだと思う。僕の性格が面倒くさいのもあるけれど、僕を受け入れてくれるすてきなSnow Manのメンバーが大好き。ファンのみんなも大好き。みんなが僕たちを好きでいてくれるから、僕たちも好きでいられる。これからもみんなの万能調味料でいたい。

 

渡辺

配信という形でも無事にデビューライブができて本当に嬉しく思っている。むしろ、すごく不思議。ジュニアだった十数年間、デビューしてこの会場に来られるなんて1mmも想像していなかった。とにかくめちゃめちゃ長かったし、やめたいなとか、悪いことばかりが頭を駆け巡っていた。でも、頑張っていたらデビューライブのステージに立てると実感した。ジュニアでそう思っているであろう子たちに、俺たちがデビューできたことで、ちょっとでも勇気を与えられたのかなと思う。僕ではなく、十何年支えてくれたみんなのおかげ。次は画面越しではなくて、直接会えますように。

 

 

佐久間

僕たちがデビューライブできるのも、目の前のあなた1人1人、ファンのみなさん1人1人のおかげ。ありがとう。自分の力がちっぽけなんて思わないでほしい。1人1人の、Snow Manを応援したい気持ちが、どれだけ支えになっているか。本当にみんなの存在が大きい。自分の中ではちっぽけと思っているかもしれないけど、大きい存在なんだと胸張って自覚して、生きてほしい。これからもいっしょに、いろんな景色、テッペンを見ていこう。

 

宮舘

離れていても心は通じ合っている。ジュニアで初めて位置をつけてもらったとき、5列目の端だった。とても悔しかった。ジュニアでコンサートにこの場に立ったときは、外周の端だった。悔しかった。それでも今、Snow Manとしてこれだけのすてきなセットと、目の前のみんなに出会えることが本当に嬉しい。なによりも、ジュニアの頃から応援してくれたみんな、スタッフの方々、メンバー。これからもいろんな道のりがあると思うけど、力を合わせていこう。いつまでも相思相愛の仲で。

 

阿部

配信を観ているそこのあなた、いかがでしたか。これがSnow Manのデビューライブ。このライブを観たと誇ってもらえるような伝説のグループになる。僕たちはとても欲張り。僕が学業とアイドルを両立させてきたように。Snow Man1人1人が、新しいファンも昔から応援してくれているファンも、すべて抱きかかえていくように。こんなに欲張り、だめかな?だめなんて言わせない。握った手は絶対に離さないでください。ありがとう。

 

深澤

今でも不思議な感じ。デビューさせてもらい、デビューライブをさせてもらい、本当に幸せ。僕は、褒められたことがほとんどない。厳しいことばをたくさんいただく。でもそれがあったから、今の僕がいる。この仕事していたら、いろんな意見をもらう。でも、自分たちは間違ってなかったと絶対に証明したい。Snow Manというグループは間違いない。絶対にテッペンとる。

 

目黒

デビューできる人生とは思っていなかった。不思議なもので、ここに立てて、キラキラな豪華な衣装を着せてもらって、マイクを持たせてもらって、画面越しにみんなにメッセージを伝えられる場があって、幸せ。この気持ちをずっと忘れない。すてきな仲間がいるので、ファンのみんなとともに、まだまだ夢を追いかけていきたい。

 

岩本

Snow Manのデビューコンサートは最初で最後。どうでしたか?本当に幸せな時間だった。ステージ上でパフォーマンスできていること、ずっと信じてついてきてくれたみんながいるから、できている。ここからがスタート。一丸となって、世界中の初、テッペンを取りに行こう。

 


 

 

「この景色忘れないでね!」と叫び、大きな笑顔で手を振り続けたラウールくん。